スポンサーリンク

ちょっとしたミスで1700円も損をした・・・JR東日本のオンラインチケット予約のえきねっとの注意点について纏めてみた。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の夫、立花 グル君(タチバナ グルクン)です(・∀・)

先日、大阪出張に行った際の新幹線チケットを「えきねっと」で予約しましたが、帰りのチケットがちょっとしたミスで発券できず、、、、止む無く払い戻しした上にキャンセル料金も取られ、なおかつキャンセル料金が高すぎたため、指定席を取っていましたが自由席に格下げになり踏んだり蹴ったりでした。。

スポンサーリンク

えきねっととは?

えきねっとはJR東日本がサービス提供してる、乗車券や特急券(新幹線含む)を予約出来るオンラインサービスです。JR東日本管轄の東北、北海道新幹線などをはじめ、JR東海の東海道新幹線も予約ができる便利なサービスです。

先日の大阪出張ではインターネットから乗車券と特急券を予約し、駅のえきねっとで予約した券売機で受け取りましたが、「帰りの新幹線の時間が仕事で読めないので、まだ発券(受け取り)はせずに、大阪で受け取ることにしよう!受け取るまでならスマホで予約変更できるから便利だしね♪」みたいな事を考えたので、受け取りはしませんでした・・・・。←これ大事。このせいでとんでもないことがおきました。

で、どうなったのか?

いざ、仕事が終わり、たこ焼きも無事に食し、新大阪でチケットを受け取ろうと券売機に並び、さぁチケットの発券しようと思ったが、、、あれ・・・えきねっと受け取りのボタンがない。。なんでなんだろう?、ってよくわからないので駅員に聞きました。

そしたら、駅員さん曰く、新大阪駅ではえきねっとで予約したチケットを受け取れる機械そのものがなく、ここではどうしようもできないので、サポートセンターに問い合わせてくれと。

ええええええーーーーー。

なんと、そもそもえきねっとJR東日本のサービスなので、JR東海やJR西日本などの券売機では受け取りが出来ないのらしいです。ふざけんなよ、JR!意味わからん!ってなりましたが、もはや取れる選択肢は払い戻ししかありません。

当日払い戻しはチケットの30%がキャンセル料になり、1700円近く取られ・・・。ショックです。キャンセル料取られた上に指定席まで失いました。

ただ、急いでいたので、そのままキャンセルしましたが、多分一度翌日以降に予約変更してからキャンセルすれば330円で済んだかもしれません。今更、後の祭りですが。

【えきねっと(払戻手数料)】

「えきねっと特典」適用の場合 指定席1席につき310円
えきねっと特典
対象外

指定席のお申込みをご乗車日の前々日23時40分までに払戻す場合

指定席1席につき330円

指定席のお申込みをご乗車日の前日~出発時刻前までに払戻す場合

指定券の30%
ただし指定席1席につき最低330円

ご乗車日前日または当日の変更があり払戻す場合

指定券の30%
ただし指定席1席につき最低330円

引用元:https://www.eki-net.com/top/jrticket/guide/henkou/haraimodoshi.html?src=henkou_top

まとめ

「えきねっと」はJR東日本のサービスのため、その他地域のJR管轄では対応していないとのことでチケットの受け取り(発券)が不可です。同じJRなんだから・・・、って感じです。当たり前の事かもしれませんが、みなさま気をつけてくださいね。

私も、今回は良い勉強になりました。

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る