スポンサーリンク

沖縄県那覇市・国際通り近辺に宿泊したら、沖縄県民のソウルフードで朝ごはん!ポークたまごおにぎり専門店は、地元民にも観光客にも大人気☆★

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、立花 デイ子(タチバナ デイゴ)です(^▽^)/

那覇市の国際通り近くに宿泊した時に、ポークたまごおにぎり専門店に行っていました!

2年前に近くを通った時に「こんなお店が出来てたんだ~」と思っていたのですが、今回やっと行くことが出来ました(⌒∇⌒)

スポンサーリンク

ポークたまごおにぎりとは?

ポークたまごおにぎりとは、沖縄のソウルフードの一つです!

ポーク(スパム)を焼いて、卵と一緒にご飯に挟み込んで、周りをグルッと海苔でつつんだおにぎり!

ここ数年で「おにぎらず」というのが流行りましたが、それの先駆けかもしれません(・∀・)

ちなみに、スパムという呼び方がメジャーのようですが、うちなんちゅ(沖縄人)は「ポーク」と呼ぶのが一般的だと思います。

SPAMって書いてあるやつは、どちらかというと地元にいたときは殆ど食べたことがありませんでした。なんか、胸がモヤッとする風味があるよね。(好きな人ごめんなさい)


(クリックすると再生します)

↑昔やってたCM探してたら、再現してるやつしか出てこなかったw

右下のワイプが本物のCMなんだけど、当時はめちゃめちゃ不評で、CMによって商品イメージがついてしまうんだなぁ~ってのを幼心に感じました。再現の人についてはノーコメだけど、本物のcmの男性の薄ら寒さに子どもたちは震撼しておりました(爆)←ひどい

うちなんちゅに人気なのは、やっぱり「チューリップ」ですよね!少なくとも、わたしの周りは誰に聞いても「チューリップのポークが一番美味しい!」って言ってますよ(・∀・)

このCM懐かしいな~赤ずきんちゃんモチーフ(笑)

最後の「ちゅ~りっぷ」っていう歌の〆が定番な感じがしたけど、今でもこの音声は入っているのかしら?また今度、調べてみます~


(クリックすると再生します)

ポークたまごおにぎり専門店は、どこにあるの?

前置きが長くなりました。

 

国際通りを基準に考えると、国際通りと第一牧志公設市場の間にある感じです。

初めての人には少しわかりづらい立地かもしれません。ただ「朝食で食べよう!」と思っているなら、かなりの行列が出来ていたのである意味わかりやすくなっているかも(笑)

沖縄県那覇市松尾2丁目8ー35

TEL:098-867-9550

★公式サイト⇒http://porktamago.com

★Facebook⇒https://www.facebook.com/porktamagoonigiri 

っと、ここで後から気づいて悔しかったのは外観を撮り忘れたこと(笑)わたしたちの後に、物凄い行列ができ始めて、写真を撮るどころじゃなかったのです・・・。残念!

気になるメニューは?

私の感覚では、

  • シンプルにポークとたまごのみ
  • シーチキンマヨネーズが入っている
  • 油みそが入っている
  • 高菜が入っている
  • 人参しりしりが入っている

これくらいしか、バリエーションが思い浮かびませんでした(笑)ローカルな売店や、コンビニでも売っているような慣れ親しんだ味です。

メニュー表は、このように実際の写真が掲載されていて非常に分かりやすかったのが高ポイントです。ここ数年、外国人の観光客が増えたようなので、外国人仕様で英語表記も親切ですね。

写真では見えにくいのですが、下がスタンダードメニューで、上がスペシャルメニューです。

【スタンダード】

  • ポーたま(ポークとたまごのみ)230円
  • あぶらみそ 230円
  • ねり梅 250円
  • 高菜 250円
  • 明太子 250円
  • 鰹昆布 250円
  • 人参しりしり 250円

以上、7種類がスタンダードメニューです。これは当初のわたしの予想していたラインナップが入っていました(・∀・)

【スペシャルメニュー】

  • スパイシーにんじんしりしり 350円
  • 島豆腐の厚揚げのポークたまごおにぎり 380円
  • ゴーヤの天ぷらポークたまごおにぎり 370円
  • トマトフライポークたまごおにぎり 
     (特製タコミートと自家製サルサソース)380円
  • トマトフライポークたまごおにぎり
      特製タルタルワサビマヨネーズ 370円
  • ナーベラ天と自家製油味噌ポークたまごおにぎり 370円
  • ツナマヨゆでたまご 270円
  • エビタルPTO 270円

ボリューミーでバラエティに富んだラインナップです(゜o゜;沖縄の食材を使ったりと、従来のポークたまごおにぎりから考えると、かなり攻めている具材のオンパレード(笑)さすが専門店だなぁ~といった印象!

オトクなパック(PTOBOX)もありますよ(・∀・)(P=ポーク、T=たまご、O=おにぎり・・・なのかな?笑)

本気で作ったらしいレモンティーや、さんぴん茶のシークヮーサーブレンドなど、暑い沖縄にピッタリな爽やかなドリンクもありましたよ(^v^)

選んで注文!

私たちは、「お得なPTOBOX②4ヶ入りスープ付き」というセットを選びました。どうやら、上記に書いたスペシャルメニューと、セットの中のスペシャルメニューは若干、具材が違うようです。

セット内容は、スタンダード2個+スペシャル2個+アーサ汁2個といった内容です。

  • あぶらみそ(スタンダード)
  • 高菜(スタンダード)
  • 魚フライタルタル自家製島らっきょ(スペシャル)
  • ポチギハッシュドポテト(スペシャル)
     ※ポークとたまご入ってないよ笑

以上、4つを選びました♪

どれも厚くてボリュームたっぷり!1つ食べたらお腹いっぱい(;・∀・)

だいたい、想像のつく味ではあるんだけど(笑)様々な具材を挟むことでバリエーションを広げ、進化していた!そうやっていつの間にか、沖縄県民のソウルフードが全国・全世界の人たちに食されるようになっていたんですね(*^_^*)

店内レジカウンターの奥には、黙々とポークたまごおにぎりを作っている方たちが沢山いました。大量生産できるよう効率的に細分化された作業でありつつ、それでいて家庭的な味も損なわぬよう絶妙なバランスなんですね。あっという間に出来上がっていく様は、見ていてとてもおもしろかったです。

ちなみに、アーサ汁はこちら♪海藻のヒトエグサ(別名:アオサ)ですよ。

ブレててごめんなさい^^;

本土の方でも味噌汁の具材として定番かもしれませんが、沖縄のアーサ汁は味噌は入っていません。かつおだしと、好みでお醤油や生姜が入っています。今回は、アーサのみですが、一般的なものは島豆腐が入っていたように記憶しています(・∀・)

給食にも当たり前にように出てきたし、家庭でもよく食べていました。なんなら、おばぁが海から採ってきてたよ(笑)

58号線沿いを走っていると、恩納村辺りで養殖しているところもありますね。これもまたそのうち、紹介します~(^v^)

まとめ

以前から、近所の商店やスーパーなどで普通に売られていたポークたまごおにぎり。

ただ、自分で買って食べるほとではない・・・って感じの立ち位置。(他にも選択肢あるし、子供だったし笑)おじさんやおばさんとかが、手土産に買ってきてくれたら嬉しい♪みたいな(笑)

ただ、コンビニで売られるようになってから、一気に「沖縄のソウルフード」として認知・定着してきたように思います。

普通にオニギリを選ぶ感覚で、手に取りやすさ出てきたのかな。

もしかしたら、わたしがど田舎ヤンバル(沖縄本島北部)出身なので、中南部など都市部ではもっとポピュラーだったのかもしれませんね。沖縄といえども、縦に広いので地域差がかなりあると思います。

近年では沖縄以外のコンビニや飲食店などでも、よく目にするようになったので嬉しい限り(*^_^*)

そうして広く定着していく中、ポークたまごおにぎりという枠でオリジナリティに挑戦している「ポークたまごおにぎり専門店」さんには、もっと頑張って欲しいなぁと応援したい気持ちになりました(*^_^*)

できれば、関東にも支店を出してほしいですね( ´∀`)bグッ! でも、地元でしか味わえない~ってのが良いのかな?!

あ、そうそう。

わたし達の後に、とんでもない行列が出来ていたので、朝ごはんにしたいなら早起きして行った方がいいかもしれませんねぇ~~~(;・∀・)地元の人にも、観光客にも人気のようでした。また行きたい!

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る