スポンサーリンク

ルールはみんなで守ろう!ジェットスターで子供を同乗させる場合の注意点とは?慌てる前に、事前に調べて纏めてみた。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の夫、グル君です(・∀・)

少し前にユナイテッド航空のベビーカー問題がニュースを賑わしていたので、ジェットスターの場合どうのようなルールになっているか調べてみました。

今年は結婚式で弟家族が子連れでジェットスターに乗るので、自身の備忘録を兼ねています。

スポンサーリンク

幼児と子供の定義と運賃

幼児:2歳未満(※15歳以上のお客様お一人につき1名まで)、運賃は無料

子供:2~11歳(※国内線は12歳以上、国際線は15歳以上の同伴者が必須)、運賃は大人と同額

【小さなお子様を連れてのご搭乗について】

ジェットスターでは、ご搭乗時点で2歳未満のお子様を「幼児」とさせていただいています。幼児のご搭乗については、以下の条件が適用されます。

日本国内線、ニュージーランド国内線およびクック諸島発着便では、お連れの幼児が座席を使用されない場合、幼児料金はいただきません。その他のフライトでは幼児お一人当たり、1予約区間ごとの料金がかかります。座席を使用されない幼児は、15歳以上のお客様お一人につき1名までご同伴いただけます。幼児がお一人で座席を使用される場合、安定して着席できることが条件となります(ただし、ジェットスター・ジャパン(GK)をご利用の場合は、チャイルドシートはお持ち込みいただけません)。

引用元:http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/family-travel

【お子様のご搭乗について】

ジェットスターでは、お子様にも安全にご利用いただけるよう最善をつくしておりますが、搭乗されるお子様の介助や、監督に対して責任を持って行うために十分な体制、スタッフ、設備を備えておりません。そのため、お子様がお一人で搭乗される際には下記の条件を満たしていただく必要があります。

条件をお読みいただき、お子様がお一人でご搭乗可能かご確認ください。条件を満たしていない場合、「適切な同伴者」*とご一緒にご搭乗いただくことをお願いしております。また子供料金の設定はございませんので、2歳以上のお子様は大人と同額運賃となります。

引用元:http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/Children-travelling-alone

ベビーカーの預け荷物

ベビーカーやベビー用品などは、通常の受託手荷物とは別に、無料で預かって頂けるそうです。

【サイズの大きな手荷物】

お客様ご自身の移動補助や医療上の理由で必要となるもの、あるいは小さなお子様のために必要なベビーカーやベビー用品などは、通常の受託手荷物とは別に、無料でお預かりいたします。サイズの大きな手荷物の追加料金は適用されません。

引用元:http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/oversized-baggage

まとめ

小さい子供がいると大人とは同じような行動ができないので、色々と気遣いが必要だなと感じました。ジェットスターはLCCになるため、空港も成田空港になり、かつ新しいLCC専用ターミナルです。

LCC専用ターミナルは従来のターミナルとは離れているため、徒歩15分程度、バスは5分程度かかり、そんな中を子供と一緒に移動となるとどうなることやら?と思います。

そして、乗る時にベビーカーで揉めたりすると悲しいですね(´・ω・`)←まあ、子供がいればなんでも許されるわけではないので、ルールを守った上で権利を主張することは大前提ですが、、、、。

なので、しっかりとホームページ等でルールを把握し、双方気持ちよく出来るよう務めるべきですね\(^o^)/(「金さえ払えば、なんでも言って良い。俺は客だ!」なんて思うような恥ずかしい大人にはなりたくないです)

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る