スポンサーリンク

新宿で老舗のショーレストラン!誰もがハッピーになれるニューハーフショーを見るなら「黒鳥の湖」がオススメです♪

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/ @ricca2_0127

昨年から2ヶ月に1回くらいのペースで「行ったことのない世界に足を踏み入れてみよう!」ということで、30歳を過ぎた既婚女性2人で東京の街の初体験を楽しんでいます。もうね、女子会なんておこがましい事は言いません。婦人会ですよ、婦人会(笑)

今回は、新宿・歌舞伎町にある老舗のショーレストラン「黒鳥の湖」に行ってきましたので感想を書いていきたいと思います(^▽^)/

▼黒鳥の湖公式サイト

新宿歌舞伎町のショーパブの老舗、「黒鳥の湖」公式サイトです。未体験のアミューズメント!どこまでも面白く限りなく楽しくそして最後に心をふるわせる感激。こんなご時世だからこそ、元気がもらえるステージをご覧ください。

スポンサーリンク

黒鳥の湖とは?

約40年も前から営業している、ニューハーフショーを見ることが出来るお店です。老舗中の老舗らしく、なんと「はとバス」での定期観光コースにも指定されているそうです。

新宿でニューハーフの方のショーが見られるお店をネットで探していたのですが、すぐに出てきましたよ。ショーパブという響きは、何となく既婚女性2人が気軽に行っちゃいけないような・・・そんな気がしていましたが、ネットでの情報の限りでは誰でもウェルカムでハッピーな雰囲気だったので、勇気を出して行ってみました!(笑)

私たちは、歌舞伎町が東洋一の歓楽街と呼ばれていた過去から、多種多様なエンターテイメントを擁する世界有数の観光スポットとなった現在までの約40年間、この地でその時代にあったエンターテイメントを創り続けてきました。

引用先:http://www.kokucho.com/info.html

現在のコンセプトは「ネオ・タヴァーン」キラメキ、明るく、時にはセクシーに。ニューハーフ、女、男のダンサー達が美麗に舞い踊る。※タヴァーンとは、元々「酒場」「居酒屋」という意味。黒鳥の湖は、ドリンク、食事だけではなく、ショーも提供し、ネオ・タヴァーンとしての新しいエンターテイメントの形を創っていきます。

引用先:http://www.kokucho.com/info.html

ちなみに婦人会の2人は、店内に入るとステージ目の前のカウンター席に案内されました。目の前のステージが下がってくるのだろうとは想像してましたが、ショー中もステージが上がったり下がったりして、効果的に演出に取り入れていたので驚きました。目の前で繰り広げられる初体験のエンターテインメントに釘付け!!( *´艸`)ムフーッ

予約方法は?

わたしは、今回は公式サイトからの予約をしましたが、黒鳥の湖は様々なサイトからの予約が可能です。

食べログ、ぐるなび、ホットペッパー、あそビューなどなど。。。有名どころのサイトであれば、ほぼ網羅しているようなので、ご自身でポイントを貯めているサイトがあれば、それを利用した方がお得感が増すかもしれませんね(((o(*゚▽゚*)o)))

▼公式サイトからの予約ページ

新宿歌舞伎町のショーパブの老舗、「黒鳥の湖」公式サイトです。未体験のアミューズメント!どこまでも面白く限りなく楽しくそして最後に心をふるわせる感激。こんなご時世だからこそ、元気がもらえるステージをご覧ください。

食事とお酒が楽しめる

行ったことないお店の事を言うのもあれだけど・・・近くにあるロボ●トレストランも興味があって調べたことがあるんだけど、そこが料金が高いのにお弁当みたいな割に合わない食事が出されるようで、歌舞伎町界隈なんてそんなもんなのかと思って疑っていました。

なので、”●●●円で●●付”のようなセットプランではなく、とりあえず好きなお酒と食事で飲み食いしたいということで婦人会2人は席のみの予約でドリンクとフードは別途注文しました。

ショーチャージが2,500円(12月は3,000円)

ドリンクはそれぞれ3杯づつ飲んで、計6杯。フードは本日のピザと、厚切りサーモンマリネのソテーを注文。わたしの写真の撮り方が悪いのですが、お料理も美味しかったですよ。お酒は普通のカクテルを頼んだので、感想は割愛します(笑)

その他、税+サービス料の20%がかかるみたいです。

2人で2時間程度いましたが、8千円弱のお会計でした。BARで飲み食いしたらそんなもんかなって思います。ショーが楽しめて、いっぱい笑って、特別高いとは思いませんでした。

周りの方はセットプランの方が多かったようで、運ばれてきたフードも悪くなさそうな感じ!次回、観光で誰かを案内するときなんかは、セットプランで行っても良いかも?と、思いました。

ちなみに、18時からお店に入ることが出来るのですが、ショー自体は19時半からのスタート。22時からの回もあります。どちらもショーの始まる時間の20分前には来場するようにと、注意事項に記載してありました。

ただ、行ってみて感じたのは、なるべく早めにお店に入った方が良い!っということ。ショーに出演される方が、ショー前の時間は接客してくれるというシステムみたいです。お話しして親近感が湧いたところにあのショーを見せられると、本当にテンション上がります♪最大限に楽しむには、ショー前の自由な時間が重要だと感じました。

ショーの内容は?

ショーが始まる前に注意事項をお話ししてくれるんですが、写真撮影OKとの事です。なので、遠慮なくパシャパシャいってオッケー!ただし、どこもそうですがフラッシュはNGですよ。あと個人的には、暗転の時にスマホやデジカメの画面が光ってるのも良くないかな~と思ったので、ハンカチかぶせたり画面切ったりしてデジタル機器の光で邪魔しないように空気は読みました。

肝心のショーはというと、妖艶!セクシー!な、ニューハーフのお姉さま方と、強面だと思っていたら実は3枚目キャラを演じていたお兄さんが入れ代わり立ち代わり、クルクルと場面が変わっていくので全く飽きのこない1時間でした。

カウンターのテーブル、通路まで、全てがステージという、観客も一体となれる空間も初体験。まるで自分も演者になったような、高揚感さえ感じます(笑)

セクシーで本格的なダンスで魅せるかと思えば・・・

アナと雪の女王のパロディで、大爆笑を誘ったり(笑)

去年、一世を風靡したピコ太郎(強面と思っていたお兄さん)がバックダンサーを引き連れて出てきたり(笑)

ピコ太郎とゆかいな仲間たち(笑)黒鳥と書かれたハッピを着た謎のキャラと、写真左はPSY(サイ)のコスプレ。キレッキレのダンス踊ってた(笑)

他にも色々なシーンがあったんだけど、あまり写真なんて撮ってる暇なかったよね(;’∀’)

朝倉南さん!(タッチ世代ではないけど、すぐ分かりましたw)なんだか、お話ししても良い方で、ショーではセクシーもお笑いも両方できてって感じで素敵でした~

音楽も誰でも知っているような既存の曲でもオリジナルで編集しているようで、途切れなく、クオリティ高く、本当に見ている人たちを楽しませよう!!という空気感が感じられて、目の前の光景に圧倒されつつも、とても楽しめました!

まとめ

実はわたし、ステージ上に突然呼び出され(?)て、様々な質問を受けるという光栄な役に選ばれました(笑)毎ステージごとに観客から1人をステージ上にあげて、無料招待券をプレゼントしてくれるみたいです。選ばれた人はラッキー!(((o(*゚▽゚*)o)))

誰かにプレゼントしてもよし、自分でまた足を運んでも良し!だそうです。わたしは・・・また自分で行っちゃうかな~(笑)

客層は、平日で時間が早かったせいもあるのか、女性グループが多かったですよ。大学生くらいの子たちのグループと、50~60代と思しきグループ、あとは男女混合のワイワイとしたグループといった感じでした。

女性グループが多かったのは意外でしたね。初めてのショーパブ(ショーレストラン)には最適のお店ではないでしょうか!

はとバスの定期観光に指定されているだけあって、とても初心者に優しいお店だとわたしは感じました!ニューハーフの方達のショーを見てみたいけど初心者だけで行くのは怖いな~・・・って思っている方は、ぜひ「黒鳥の湖」に足を運んでみてください♪

日頃、夫への義理の父母への不満を溜めている女性の方々・・・(笑)たまには非日常を味わってストレス発散してみてはいかがでしょうか?!(((o(*゚▽゚*)o)))笑

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る