スポンサーリンク

一度は行きたい、福岡県太宰府市の太宰府天満宮!夫婦で訪れたならぜひ夫婦樟(めおとくす)をご覧になってくださいね。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/ @ricca2_0127

年間800万人もの参拝者が訪れ、福岡県で最も有名な観光スポットでもある太宰府天満宮へ行ってきました。

もしかしたら、中学の頃の修学旅行で訪れたような気もするのですが記憶があいまい・・・っという事で、勉強もかねて宝物殿などにも足を運びました( ゚д゚ )

余談ですが、沖縄の中学生の修学旅行はだいたいが九州と相場が決まっています(笑)

博多・福岡空港から太宰府へ行くならバスがオススメ!

スポンサーリンク

大宰府門前町

太宰府天満宮の境内に入る手前のエリアは、太宰府門前町というようです。(この記事を書く前の下調べをするまで、知らなかった笑)

6つのブロックに別れており、お土産はもちろん、ご当地グルメやオシャレなカフェまで様々なお店が立ち並ぶエリアです。

もしかしたら、午前中だったので人が少ない方だったかもしれませんね。両脇に店が立ち並び、わたしたちがやす武さんで朝食を取っている間に徐々に活気が出てきました。

★朝10時から営業しています

やっと太宰府天満宮の境内へ

門前町で寄り道をしすぎて、境内へたどり着いた頃には参拝の方たちがかなり多くなっていました^^;

立派な鳥居です。

太宰府天満宮に祭られている菅原道真公の亡骸の棺を引いていた牛が、現在の太宰府天満宮のある場所で動かなくなったことによりこの土地に埋葬されることになったそうです。後にその場所が、太宰府天満宮になったとのこと。

太宰府天満宮について知りたいなら

その辺りの内容は、宝物殿の中で当時の絵とナレーションで学ぶことが出来ますよ。

ここだけは何故か、ほとんど人が居ませんでした。九州国立博物館に人が流れてるのかな~わたし達は九州国立博物館にはあまり興味がなかったので、行ってませんが(笑)

展示自体はそれほど数は多くないかな~と感じました。大人400円程度で入場できますので、太宰府天満宮について少し知りたいという方はどうぞ。

自然豊かな境内

歴史ある場所なので、長い年月をかけ育まれた木々が目立ちました。

 

太鼓橋、心字池、大きな木々も、どれ一つ欠けてはいけないもので、全てがこの空間を作り上げている大切なものです。

亀や鯉なども沢山いました。本当に、とても見事な庭園で、どの季節に来ても目を楽しませてくれそうだなといった雰囲気です。

いよいよ本殿へ

とても立派な木だったので、ここで記念撮影している方も多く居ました。

立派な手水鉢です。なんと、一枚岩でできています。こんな大きさ見たことない・・・!!凄い!!と思っていたら、どうやら横幅は約6mもあり、日本最大級だそうです。

 

これまた立派な楼門をくぐり抜けると・・・

本殿です。多くの参拝客で賑わっていました。外国人の方が多かったのかな、厳かな雰囲気というわけにはいかず、普通に賑やかでした(笑)

う~ん、中吉(笑)慎重で公平な判断と誘惑などに負けぬ心意気が必要だそうです。基本的に誘惑に弱いので・・・肝に銘じて生きなければm(_ _)m

神社をめぐるのが好きなのですが、御朱印帳を今回初めて入手して、初めての御朱印はここ太宰府天満宮でいただきました。お若い巫女さんが書いてくれました。

お守りにはあまり興味がないので(と言うか、必要以上には持たない)、今回は買いませんでした。太宰府天満宮は学問の神様なので、また訪れる機会があって必要であればお守りも購入したいと思います。

厄除けのひょうたん。これはやっても良かったかな・・・少し後悔。まっ、仕方ないね!やらなかったってことは今は厄除けが必要なタイミングじゃなかったんだ(笑)

ぜひ、本殿の裏手へも廻って下さい

本殿の裏手に回ると、夫婦樟(めおとくす)が見られます。少し分かりづらいのですが、ぜひ皆さんも訪れてみて下さい。

大きな楠の木の横に、控えめに寄り添うようにして佇むもう1本の楠。左が夫で、右が妻ですね。(ん?逆のパターンも有るか??笑)

長い年月、晴れの日も雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も。

2本の木が寄り添っているように、わたし達も生きていければいいなぁと思います。日々の中で色々と反省すべきところもあるのですが、この写真を見ながら振り返ると見つめ直すキッカケになったように思います。

まとめ

全体的に、青々とした木々の葉が目に優しく、とても癒やされる空間でした。本殿前は人が多かったのですが、少し逸れると静かで凛とした雰囲気の場所が多くありましたよ。

また、今まで宝物殿などはあまり興味がなかったのですが、今回は気まぐれで足を運んでみると意外に面白かったです。その場所の歴史を知ることも出来るので、今後は積極的に見て回りたいなと感じました。

参拝して、歴史を知って、その場所への理解を深めてから御朱印を貰う。ただのスタンプラリーになってしまわないよう、敬意を持って伺いたいと思います。

太宰府天満宮

〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7-7番1号

092-922-8225

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は福岡県太宰府市にある、天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。 2011年12月にリニューアル。おみくじと合わせて季節ごとに色が変化するサイトカラーや、道真公や鷽鳥など太宰府天満宮にまつわるイラストで太宰府天満宮の魅力をお伝えします。 境内のご案内や太宰府天満宮の歴史、お祭

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る