スポンサーリンク

世帯年収800万円の実態?!結婚1年目の新婚夫婦、グル君とデイ子の年収と生活費について。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/

私たちは結婚1年目の夫婦です。お付き合いしていた頃の同棲期間から数えると、一緒に住んでいる期間は1年6ヶ月ほどになります。

今回は、昨年2016年の年収と生活費の内訳やお小遣いについて書いてみたいと思います。

都心に電車1本で行けるエリアで賃貸暮らし(家賃と駐車場代は、合わせて10万円)・車を1台所持しています。子供はいません。どちらの親とも今のところ、同居の話は出ていません。

スポンサーリンク

グル君(夫)の年収と所得

●年収 ⇒ 約460万円 

●所得(実際の手取り額) ⇒ 約380万円

●月の手取り ⇒ 平均18万7000円~ ※残業によって増額あり

【MEMO】

●通勤時間 ⇒ 約70分

●残業代  ⇒ 1分から申請OK

●就業時間 ⇒ 7.5時間(外回り、出張等あり)

デイ子(妻)の年収と所得

●年収 ⇒ 約380万円

●所得(実際の手取り額) ⇒ 約300万円

●月の手取り ⇒ 平均19万5000円~ ※時期によって増額有り 

【MEMO】

●通勤時間 ⇒ 自転車で10分

●残業代  ⇒ なし(ただし、繁忙期等は多少の手当あり)

●就業時間 ⇒ 8.5時間(食事や休憩等は気分次第で自由に取ってます)

世帯年収と所得の合計

●世帯年収 ⇒ 約840万円

●所得合計(実際の手取り額) ⇒ 約680万円

●月の手取り合計 ⇒ 平均38万2000円~

夫は手取りから保険や組合費・車のローンなどを引かれているので、実際に手元に届くお金は思ったより少ない印象です。月々の手取りは私の方が多いくらいですね。ボーナスの額は全然違うので、羨ましい限り。。。夫はある程度大きい会社、私は中小企業なので、給料の上がり方や福利厚生、休日取得回数などの待遇差に格差を感じております(笑)羨ましい・・・

夫は母親の扶養控除、私は昨年の医療費控除を行っていますがこの件はまた次の機会に。

生活費の金額(共同貯金を含め)

●毎月 ⇒ 各自:14万5000円(合計:29万円)

●ボーナス時の増額

 ⇒ 各自:15万円(合計:30万円✕年2回)

毎月二人で折半して出し合った合計が29万円です。

一応の内訳としては、生活費は19万円。貯金は10万円

ボーナス時は、各自15万円(合計30万円・年2回)を貯金に回しています。

生活費19万円の内、10万円は家賃・駐車場の住居費に消えます・・・。ということは、私たちの実質の生活費は1ヶ月で9万円です。(これは結構きつい。笑)

生活費の19万円という数字には一応の意味があります。どちらか片方に何かあって働けなくなったときに貯金はできないけど、とりあえず当面の間は今の生活を維持できる範囲で設定しているつもりです(^_^;)まぁその時が来たら、車も売り払って引っ越しして家賃を下げないといけませんね。。。

2人で出し合ったお金が29万円ということを考えると、住居費が高いのは分かっています(^_^;)月収の30%が目安ということを考えると、29万円✕30%=8万7000円くらいが適正かもしれません。実は元々2人で住むために探した家ではないのですが、この件に関してもまた次の機会に・・・。

更に言うと、週末にしか乗らない車は必要なのか?と考えると、そうでもないよなぁ~と薄っすら感じています(笑)車は元々、夫が購入して今現在も自分でローンを支払っていますので、私はノータッチ。ただ、一度でも車のある生活をすると本当にラク!!!手放すのは勇気がいるので、維持できる限りはそうしようと夫と話し合っています。

生活費の内訳

下記のように細かく支出を書き出して1ヶ月の予算としています。正直、もう少しゆるめても良いかとは思うのですが、今年いっぱいはお金を貯めないといけない理由があるので、あえて細かく支出計画を立てています。

●光熱費・・・23,000円

●車関係(ガソリン)・・・5,000円

カマボコ先輩(猫)・・・5,000円

●家賃+駐車場代・・・100,000円

●食費・・・16,500円(現金買物分)

●日用品/雑費・・・10,000円

●固定費・・・30,500円

他の人から見ると削れるところが沢山あるかもしれませんが、現状はこれが精一杯です(^_^;)割りと頻繁に見直しはしているので、また変化があればお知らせします。

また、私たちは二人の収入を合わせてやっと世帯年収800万円以上ですが、意外と仕えるお金は少ないんだな・・・というのが夫と一緒に住みはじめてからの正直な感想です。

でも確実に、独身の時よりは貯金はできていると思います!一人の時は毎月5万円なんて絶対に無理でした。

お小遣いについて

生活費に出したお金以外は、全て自己管理となっています。使っても貯金しても、お互いに一切干渉はしていません。これは、同棲前に話し合ったときに私から提案しました。時の流れでこの先どうなるかは分かりませんが、現時点ではお小遣い制は考えていません。

何かを買うのにお伺いを立てるのも嫌だし、夫といえども自分以外の人が頑張って稼いだお金で、自身のために買物をするという事に私はとても抵抗があります・・・両親が共働きでお財布が別だった事の影響があるかもしれませんね。

あ!私、お金使うの大好きです。浪費家です。サーセン(笑)あくまで、お小遣いの範囲内ですが(^_^;)

まとめ

同棲前~現在まで、生活費の額や内訳など試行錯誤を続けています。あることを目標にお金を貯める必要があるので、年が明けてすぐの1月のうちに一度見直しをしました。

生活環境・家族形態・仕事に関してなど、この先、何がどう変化していくかは分かりません。その都度、最適な方法を模索し、常にアップデートしていけたら良いなと考えています。

私個人としては、専業主婦願望などは一切ありません。30代に入り、働くことは人生の選択肢を増やすことだということが分かってきました。

お金は手段であって目的ではないんですね。希望の選択をするためには、手段であるお金があることは強みになるはずです。個人的には、生涯現役・出来るかぎり働いて、そこそこ生活に困らない程度にお金を稼いで、適度に人生を楽しめたらいいなぁと思っています(*^^*)

次回は、貯金の内訳について書けたら良いなと思います。

では、また!

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る