スポンサーリンク

2017年2月10日【世帯年収800万夫婦の総資産公開#0001】我が家の貯金は淡々と計画的に。貯金がほぼゼロだった新婚夫婦の、現在の貯金内訳と総資産。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/

先日は、私たちの年収と生活費について書きました。今日は、共同貯金の内訳をまとめていきたいと思います。

ちなみに、2人とも元々はあまり貯金の出来ないタイプで、同棲前に確認したらお互いに20万円くらいしか有りませんでした(笑)

私が元々住んでいたところに、夫が引越してくることになったとは言え、家具の買い替えなど諸々の費用であっという間にお金は無くなって、二人とも貯金がほぼ底をつくという緊急事態に(笑)

そんなこんなで、ほぼ貯金0円からスタートすることになった私たちですが、流石に危機感を覚え、どのような貯金の仕方が良いのか同棲前に意見を出し合い、貯金の内訳のバランスについては実際に試しながら試行錯誤して今の形で落ち着いています。

スポンサーリンク

貯金の方法

これはもう単純に、給料が入ったらスグに生活費とは別に取り分けてしまうという、至ってオーソドックスな方法です。何の捻りもありませんが、これに勝るものはないです。

本当にこんな簡単なことが・・・独身時代は出来ませんでした。分かっているけど、実際にやるのは難しいですね。今でも気が緩むと、どうなるか分かりません(苦笑)

毎月貯める金額、ボーナス時に貯める金額それぞれ詳細に決めて、機械的に毎月振り分けています。お金が余ったら貯めよう・・・となると、私たちには絶対に無理なので(笑)

ちなみに、共同貯金は同棲するタイミングでスタートしました。

(1)目的

(2)周期

(3)いくら必要なのか

上記をまず書き出して、明確にして、それぞれの金額を決定しました。

取置・貯金・投資。10万円の内訳について。

普段はまとめて「貯金」と言ってはいますが、実際は、取り置きが5万円老後のための貯金(現金・投資)という内訳になっています。

というわけで、内訳は以下のようになっています。

【取り置き】

●近い将来において必ず必要になると分かっているお金を積み立てる

 ⇒更新手数料(賃料の半分+保険の更新料、2年に1回の部屋の更新のため)

 ⇒カマボコ先輩緊急時(将来的にカマボコ先輩になにか有ったときに使うためのお金)

 ⇒沖縄(これは私の実家に年に1回帰るための費用)

 ⇒車関係(車検・タイヤ交換など、ガソリン以外のもの)

●どんな用途にも仕えるお金

 ⇒自由費(用途は何でもOK、ちなみに沖縄帰省以外の旅行費はここから捻出)

【老後のための貯金】

●現金

 ⇒老後のための貯金・・・のつもりでしたが、
   今年はもしかしたら結婚式費用に回される可能性あり(汗)要検討中。

●投資

 ⇒株、投資信託などなど・・・あまりお金はつぎ込めませんがコツコツと。

以上が、私たちの1年の貯金計画です。今年は10月にお金をたくさん使う予定があるので、計画とはかなり違うことになる可能性が高いのですが(^_^;)その辺りは、夫とよく話し合って検討していきたいと思います。

現在の総資産

本日、2017年2月9日で同棲を始めてから1年6ヶ月28日です。現在の資産総額は、196万5398円となります(*^^*)

と言っても、実は明日、クレジットカードの引落があるので(笑)実際は160万円くらいですね。生活費を引いたらもう少し減るかもしれません。でも、貯金がほぼ底突きかけていた2人にしては上出来だと思っています(笑)

まとめ

お金に関するコラムを読んでいると「お金に意味を持たせてはいけない」と唱えている方もいらっしゃいますが、”何にでも使って良いお金”となると・・・元々、貯金の出来ない人間は「あるんだから使っちゃおう!」という思考回路に陥ってしまうのです。基本的に自制心の効く人間であれば既に貯金も沢山あるのでしょうが、そうでないという事は、残念ながら自分自身が一番わかっています(笑)

イザという時のために取り置きしていたはずのお金を無駄に散財してしまい、後から困るという状況にもなり兼ねないので・・・あえて、用途と金額を明確にして感情で動かず機械的に作業できるようにしています。色々な方法や考え方があるとは思いますが、我が家はこれである程度、確実に貯金することが出来ています。

しかし、出ていくお金も多いのもまた事実(;^_^A貯める・使うのバランスをしっかり見極めながら、出すところは出す!締めるところは締める!メリハリを大切にしていきたいと思います。

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る