スポンサーリンク

マイルを貯めるならJALとANAどっち?先々の予定が立てにくい人にこそ、JALマイルがおススメです!

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の夫、グル君です(・∀・)

皆さんはどこの航空会社でマイルを貯めていますか?

日系航空だとJALやANA、他にもデルタやブリティッシュエアウェイズ等々・・・たくさんの選択肢がありますが、海外の航空会社だと面倒なのが正直なところ。

結局、日本で生活している以上は JAL or ANA のいずれかの人が大多数だと思います。

私も皆さんと同じように、マイルを貯めようと思った時にどちらにするか悩みました( ゚Д゚)

そこで、私がJALを選択したワケを比較表にまとめてみたので、JALとANAで迷っている人がいたらぜひ参考にしていただければと思います(^▽^)/

スーパー先得

スポンサーリンク

JALとANAはいったい何が違うの?

正直、ほぼ同じです(笑) とは言え、多少の違いがありますので表に纏めてみました。

使い勝手で考えると、JALウルトラ先得とANA旅割75の購入期限が違います。

JALは実際に飛行機に乗る75日前までに支払いすれば良いのですが、ANAは予約したら2日以内に支払う必要があります。

また、どちらもキャンセルするとキャンセル料金がかかります。ANAは予約後すぐに支払いがあるので、予定が変更になる可能性を考えるとあまり使い勝手が良くないな・・・と感じました。

実は、私も以前はANA派でした。当時は仕事で年に数回は飛行機に乗る機会がありましたが、直前で予約するケースが殆ど。そのため、旅割75を使う必要がありませんでした。

しかし妻の実家である沖縄へ年に1~3回も帰省を考えると・・・基本的には事前に計画を立てる事が多いので、それを踏まえて考えるとANAのシステムは使い勝手が悪いと感じました。

ただし、マイルの貯め易さはANAに軍配があります。こちらは色々なサイトで紹介されているので詳細は割愛しますが、ANAはハピネス→ソラチカ→ANAマイルのルートがあるため、マイルが貯め易くなっています。ソラチカからANAマイルのレートがなんと0.9倍です。どんだけぇ~、まぼろしぃ~。

JALは、.money→JALマイルのルートがあり、レートは0.52倍です。詳細は以下記事をご覧ください。

●ソラチカの詳細はANAマイルブログで有名な「ANAとマイルのパパじゃない」さんを見てみてください。

最終更新日:2017年6月9日 2017年現在、ANAマイルを貯める上で必要不可欠なクレジットカード『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)。初めてマイルを貯めるという人、これからマイルを貯めてみようという人向けに、ANAカード『ソラチカ』の基本的なことから使い方、いわゆる「ソラチカルー

直行便がなくても、乗継でおトクに! 乗継割引 新登場!

まとめ

正直、マイルを貯めることを考えANAにしようかなとかなり悩みました。

しかしANAの場合、ソラチカカードの認知度が高くなった結果、マイルは貯めやすいが故に特典航空券が取りづらいらしいという噂もチラホラ・・・( ;∀;)

と、本末転倒な事象が発生しているような雰囲気を察知したグル君です。このあたりは個人の判断もありますが、心配性のグル君は決断できず・・・

あとは、ANAマイルブログは沢山ありますがJALマイルブログは少ないため、特典航空券のライバルが少ないんじゃないか?!と思ったので、総合的に判断をしてJALを選んだ次第です。

因みにJALは2/1~8/31の期間限定で国内線の機内Wi-Fiインターネットが無料で使えます。いままでは15分間は無料でそれ以上は有料でした。

空港で待っている家族や友達へ、機内からメールやSNSで連絡が取れるので地味に便利です。さすがに動画サイトや音声通話はNGですが、ヤフーでニュース見れたりするので暇つぶしにちょうどいいですね。

〔JAL公式〕JAL国内線の飛行機内で無料でご利用頂けるWi-Fiサービスについてご案内します。飛行中でもスマートフォンなどで、インターネット接続やWi-Fiビデオプログラムなどがお楽しみいただけほか、TwitterやLINEなどのSNSメッセージもご利用になれます。

ということで、グル君がJALマイルを選択した理由をご紹介しました。

ちなみに、確実に休みが取れるなど予定が立てやすい人はANAマイルでも良いのではないでしょうか。ANAマイルの方が貯めやすいですからね。

グル君のように心配性・先の予定が分かりづらい人には、JALマイルをおすすめいたします(^▽^)/

羽田から海外へ!出発前にJALマイレージバンクカードへ入会しよう!

JAL日本航空 JMB入会

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る