スポンサーリンク

2017年販売開始されたばかりのPOMINI Edgeをamazonにて購入。初のモバイルプリンターに興奮!!

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/ @ricca2_0127

2018年に入ってから日記を書き始めたのですが、続けて書いていると段々と楽しくなってきますね。色々と工夫をしてみたいという欲がムクムクと湧き上がってきます!

日記を書いているトラベラーズノートのことを調べていくと、映画のチケットや旅先のスタンプ、様々なものをペタペタと貼っている方が多くいました。その中で特に気になったのは、小さな写真を貼っている日記帳。

写真はどのタイミングで印刷しているの?どうやって貼っているの?

疑問に思い調べていると、モバイルプリンターを利用して日記に写真を貼っている方が多くいました!

っという事で、数あるモバイルプリンターの中からわたしは「POMINI Edge(ポミニエッジ)」という商品を購入したので、開封の儀をば!

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

↓販売元の公式サイト

PominiEdgeは、その場で撮った写真やスマホに保存した写真をすぐにプリントできるモバイルフォトプリンターです。

スポンサーリンク

パッケージ

シンプルな白系のパッケージです。余計なものが無いので、かえって分かりやすいですね。

右がPOMINI Edgeで、左側はフォトシールです。

わたしはamazonフォトシール30枚がセットになっているタイプを購入しました。60枚入りもあったのですが、計算するとフォトシール1枚辺りの単価が54円と、どちらも変わらなかったのでとりあえず30枚入りに。

ちなみに、30枚セットにした理由は数千円をケチったダケです(笑)本体+フォトシールセットの値段が30枚セットだと1万円台ですが、60枚入りだと2万円を少し超えてしまうので(笑)

 

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

付属品

箱を開けると、フォトペーパーが附属で入っていまいた。30枚セットと思ったら、40枚あったのねん。

それとマイクロUSBケーブル、取扱説明書が入っています。外箱と同じで、中身も至ってシンプル。

取扱説明書は、カラーで分かりやすいです。日本語と英語に、前後で分かれていました。

印刷するには、androidかiPhoneでアプリのダウンロードが必要です。1つ前の世代のPOMINIとPOMINI Edgeとではアプリが別です!

余談ですけど、POMINI Edgeを販売しているGK株式会社の代表取締役は韓国の方のようですね。ってことは、POMINI Edgeも韓国製なの?ホームページなど見た限りは、どこで作ってるのかよく分かりませんでした(笑)他のモバイルプリンターは韓国製のものが多いようですが。

本体

本体はツルっと光沢のあるプラスチックです。176gって軽~い!子供のおもちゃみたいです。軽すぎて大丈夫かな?ってくらい(笑)

サイズ感としては、思っていたよりデカいなぁ・・・っと思いました。でも手のひらには乗るサイズですよ。持ち運び用としては問題ありません。

本体サイズ:78.8mm×121.3mm×厚さ22.4

重さ:176g

フォトシールは思ったより小さいです(笑)

本体の側面

こちらはマイクロUSBを差し込む充電口。

分かり辛いのですが、真ん中より少し左寄りにリセットボタンがあり、マイクロUSBの差込口の左側にはチャージ(充電)中に光るランプ、右側には電源を入れた時に光るランプがあります。

別の角度から見ると、本体の電源がありますね。

充電口やランプがある場所と反対側に、フォトシールが出てくるペーパー出口があります。実際に手に取ってみても、ペーパー出口がどこにあるのかパッと見分かりづらい(笑)

念のため、赤いラインの部分です。

本当に分かり辛いので、ペーパー出口の前に何か物が置いてあるときっとペーパーが詰まるかグシャッてなると思います。気を付けないと・・・!(←こういう、ありえない!という失敗をやってしまう人間です、わたしは・・・)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

印刷の前に

フォトシールに付属している青色のシート(スマートシート)でプリンターヘッダーのクリーニングが必要です。これはセットのペーパーがなくなるまで、繰り返し使えます。久しぶりに使うときには、念のためクリーニングした方が良いかもしれません。

ベッタベタに指紋がついていて申し訳ないのですが、本体のロゴが上にくる状態で、ロゴに向かって親指で軽く押しながらスライドすると本体のカバーが開きます

ここで注意が必要なんですが、②の青いシートが一番下なので気を付けてくださいね!!フォトシールをパッケージから出すと、青いシートが写真のように下向きで入っています。フォトシール自体は③の向きで、一番下に青いシートがセッティングされた状態でパッケージに入っています。本体を開けたら、向きはそのままで入れてください。①は裏面なので参考までに。本体の真ん中の白い部分は③の向きでフォトシールが入った状態です。

わたくし、あろうことかフォトシールを落としてしまいまして・・・え?どの向きなの??ってかなりテンパってしまったので、皆さんはお気をつけください・・・(´;ω;`)

いざ!プリント!!

スマートフォンで撮った写真をアプリで転送します。その辺りの詳しい方法はまた別の機会に。

実際にプリントして出てきた状態です。2分割にしてみました。熱の力で印刷できるZINKという方式のペーパーを採用しています。ちなみに、ZINKはゼロインクの略だそうですよ~

仕上がりの印象としては、かなり赤みが強いな・・・という感じです。好みではありませんが、モバイルプリンターのお手軽さと天秤にかけると許容範囲でしょう。アプリもいろいろと機能があるので、今後使いこなしていくうちに赤みの点は解消する方法があるかもしれません。

ハサミでカット。写真と写真の間に余白が出来るので、気になる方は余白もカットした方がいいですね。どの分割にしても余白が出ます。1枚だけの全面プリントはまだしたことが無いのですが、ネットでの情報を見た限りは白枠は出なさそうです。’←出るようでしたら、またお知らせします。)

フォトシール自体は厚みがあって固いので、台紙から剥がすときは、ちょっとコツが入ります。わたしの爪が長いのもあるんですが、結構至難の業(;’∀’)

ペタッとな。この写真を貼った日は、POMINI Edgeを夫に無断で買ったことを書いています(笑)たぶん、グル君氏はこのブログを読んでから気づくでしょう・・・そして家庭のお金から費用は出ます。(独断で決めたwww)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

まとめ

モバイルプリンターって日本製ではあまり目立った商品は無いのでしょうか?(POMINI Edgeはたぶん韓国製だと思うんだよなぁ~)

チェキなどは良く目につきましたが、わたしの日記に貼りたいという要望を満たすにはイマイチしっくり来ませんでした。

  • インク不要
  • 台紙がそのままシールになっている
  • Amazonなどでフォトシールが購入可能

POMINI Edge上記の点が決め手になって、今回の購入に至りました。他にもLGとか色々なメーカーがありましたが、まぁ最後の押しは「何となく」ですね。(←身も蓋もないw)インスタグラムに公式アカウントがあって、その投稿もなんだか素敵で(笑)

ガンガン使い倒して、元を取ろうと思います!(●^o^●)

撮った写真をその場で人にプレゼントするのも良いな~っと、活用方法に夢が広がります!!

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

モバイルフォトプリンター pomini edge(ポミニエッジ)本体セット (本体セット+フォトシール60枚, ホワイト)

↓販売元の公式サイト

PominiEdgeは、その場で撮った写真やスマホに保存した写真をすぐにプリントできるモバイルフォトプリンターです。

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る