スポンサーリンク

夫の母が緊急手術&入院。からの、同居&引越し決断まで1週間というスピード決定。妻の覚悟とは?

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の妻、デイ子です(^▽^)/ @ricca2_0127

夫の母が、5日夜に救急車で運ばれ、緊急手術しました。

幸いにも、2週間程度で退院できる程度のものだったので一安心。

ただ、退院後の事を考えると・・・おとうさんが亡くなってから10年ほど一人暮らしをしていたので、その家に1人で戻すというのも難しいような気がしました。

夫とは、将来的におかあさんの面倒はみないといけないという事も込みで結婚しているので(夫に言われたわけではない。わたしが勝手に思っていた)、同居の決断は私から言いました。思ったより早かったなぁ~という事だけは驚きましたが(笑)

実は、今年の夏前に、将来的に同居をすることを検討しても良いし、おかあさんに意向を確認して欲しいとの話し合いはわたしから切り出していました。

ちなみに、夫からは同居したいとか一言も言われてません。むしろ、おかあさんが倒れる前は嫌そうだったような・・・(笑)

5日の夜に倒れ、

8日には同居を決断し、

9日に引越し先を探し、

10日に部屋を見学して(夫のみ見学)からの申し込み、

12日に審査通りました。

我ながら、決断の速さと行動力は凄いと自負しております(笑)

自分で物件の中見る前に、夫に申し込みしてもらったという(笑)まぁ家賃も高くなるし広くなるし、今より悪くなることは無いだろうってね(笑)わたしとしては、立地と外観だけ確認できればOKなので今の家から徒歩15分程度のところに決めました。

一応、周りの人に相談はしてみたんだけど、みんな「やめとけ」っというのはわたしの事を心配してのこと。やっぱり、夫の親との同居は妻としては避けたい所なのでしょう。実は今回は、介護は必要なさそうなので。あくまで一緒に生活をするというスタンスです。生活はできるけど、介護は出来ないと夫にはハッキリ伝えています。介護となると仕事も続けられないし、将来の子供のことも諦めないといけないかもしれません。まぁこれは別の話なので、とにかく今回は介護ではないということがキーポイントです。

わたしとしても、絶対にうまくいく!とは思っていません。むしろ、腹立つ事や上手くいかない事の方が多いと思います。同居なんて言い出さなければよかったと、悩む夜もあるかもしれません。

でも、おかあさんの現状を見聞きした結果、こうなるだろうと想定の範囲内でした。おかあさんの現状を知った上で、無視するような冷たい人間にはなりきれませんでした。どんな人でも、夫の母親ですから。嫌味を行ったり、干渉してくるような人でもないですし。

我が家の構成員の戦闘能力は

おかあさん⇒5

時々来る妹⇒30

カマボコ先輩(猫)⇒40

夫⇒65

わたし⇒80

ですかね。自分で言うのもなんだけど、わたしが一番強い(笑)

問題は今の家では、狭すぎてお互いに快適な同居が出来ないこと。なので、引越しもすぐに決断ができました。今年は、車を買い結婚式をしたのでお金はありません(笑)わたしの虎の子の投資した株や投資信託を泣く泣く売り払いました。

でも、お金って使いどきに使わなければ無意味だと思うので。

新しい家で、イチからスタートという意味では今が使い時だと思うので、あまり悩まずに売却できました。また最初から、頑張ればいい。

逆に今の家にはほぼ満足しているし、キッカケがないと引っ越せないね~っという話をしていたので、逆におかあさんが今回そのキッカケになってくれました。

新しいところは、少しお家賃が上がりますが角部屋の3LDKでバリアフリー、エレベーター付き、追い焚き付き、洗面台が新品にグレードアップします(*^_^*)駐車場、駐輪場、ゴミ置き場は今と同じ敷地内!駅から少し遠くなりますが、物件の通りに商業施設がかなり充実しているので最高です!

なんでも、プラスに捉えること大切です!人生、なるようにしかならん!

なんくるないさーっと笑い飛ばせるくらいが、ちょうどいい。

家族の縁を大切にする沖縄で育ったわたしには、夫家族のつながりの希薄さに驚いていたので(少なくともわたしの目にはそう映っていた)わたしが中心になって、縁(円)を濃くしていきたいのです。

「何が有っても、最後に頼れるのは・助けてくれるのは家族だよ。その家族を大切にしなさい」と、幼い頃から母に言い聞かせられて育ってきました。

今が、その時だと思います。

とりあえず仕事も忙しいし、並行しての引越し作業!がんばらねば!引っ越ししたら、追い焚きの広いお風呂でゆっくりお湯に浸かるんだー!!( ̄ー ̄)bグッ!

では!

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る