スポンサーリンク

リビングの照明器具が壊れているので、管理会社へ交換を依頼したら、LEDシーリングライト&リモコン式になった。

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の夫、グル君です(・∀・) @ricca2_0127

リビングの照明器具が壊れているため、管理会社へ交換を依頼しました。

元々の照明器具は直管蛍光灯で天井直付け(リーリングではない)タイプで、自分で照明器具を交換することも出来ず、、、困っていた所、もう古くなったせいで、蛍光灯の受け口のプラスチックがボロボロになり、電球が交換できなくなったため、照明器具の交換をお願いしました。

●蛍光灯を取り付ける受け口が本体から取れています。。

●蛍光灯を取り付ける受け口が割れています。。

こんな状況でだったこともあり、電球を強制的に間引きされ、、、、省エネで地球には優しい状況したが、正直暗くていつも不便でした・・・。(←早く交換をお願いすればよかったのですが、面倒で依頼してませんでした。)

スポンサーリンク

新しい照明器具はこちらです。

アイリスオオヤマのLEDシーリングライトです。購入すると約1万円弱みたいです。

LEDシーリングライト CL12DL-5.0CF(〜12畳用・調色タイプ) - 家族団らんの時間を温かく優しく照らしてくれるシーリングライトは、ご家庭の中でも大切な灯りのひとつです。

なんとLEDなので、電球の交換が約10年も不要だそうです。消耗品は借主負担なのでラッキー池田です。(1回目)

しかも、このLEDシーリングライトは光色を寒色から暖色まで11段階に調整でき、明るさも10段階の調光ができます。光色を選べるのは凄く良いと思いました。

僕はお風呂入ってから寝る直前までは暖色が好きです。寒色は目が痛くなってしまい、リラックスが出来ないので、いつも間接照明の暖色で過ごしていましたが、今度からはボタン一つで切り替えが出来るので、ラッキー池田です。(2回目)

また照明器具自体が天井直付けからシーリングになったこともあり、好きな照明器具に取り替えたりできます。まあ、この照明なら便利だし、交換する必要もないですが。賃貸だし。

照明器具を買う時の選ぶポイント

選ぶポイントで以下は抑えておいたほうが無難ですね。

・電球またはLED

・対応している部屋の大きさ

・光色が選べるか

・調光が出来るか

・リモコンがあるか

・シーリング式か(自分のお部屋に合わせて下さい)

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る