スポンサーリンク

【カマボコ先輩闘病記#0001】猫の健康診断は飼い主の責任。後回しにしないで、今スグ行こう!

シェアする

こんにちは!りっかりっか夫婦の夫、グル君です(・∀・)

今日は猫の健康診断についてお話します。我が家のカマボコ先輩が受けた内容と費用についてお知らせします。

検診を受けたことがない猫ちゃんは是非ご検討してみてください。

ricca2.com

スポンサーリンク

健康診断に行ったきっかけ

健康診断にいったのは、カマボコ先輩が2歳を過ぎたころです。(2015年の秋・冬ごろです)

お恥ずかしい話ですが、私がカマボコ先輩を引き取ってからワクチンを接種していなかったため、妻のデイ子から「ワクチン受けに行ったらどう?」「猫も人と同じように健康診断が必要なんじゃない?」など・・・結構しつこく?言われました。

「まあ、とりあえず行ってみよう」と、当時はそんな気持ちで猫の健康診断に行くことになりました。

健康診断の内容・費用

・診察料(1,500円くらい)
 →触診、体重測定
・血液検査(2,000円くらい)
・尿検査(2,500円くらい)
・猫コロナウィルス検査(猫伝染性腹膜炎ウィルスFIP)(8,000円くらい)
・3種混合ワクチン(5,000円)

合計 18,000円くらい

検査項目は獣医師と相談になりますが、フルセットでお願いしました。今だから言えることですが、動物は喋れませんので、私たち人間が異変に気づいてあげる必要があります。

※費用については病院によりますので、獣医師に相談してみてください。いくら請求されるか分からないと不安ということであれば、先に電話で確認することをおススメします。

健康診断の結果

・触診 歯茎が黄色いかな・・・?

・体重5.8キロ(やや太りすぎ)

・血液検査
 GOT/AST・・・118
 GPT/ALT・・・732
 ALP・・・205
 ビリルビン・・・1.3
 PCV・・・46
 黄疸指数・・・4
 総蛋白・・・8.0

・尿検査(採尿方法:落下)
 pH・・・7.5
 Pro・・・+
 Glu・・・-
 Ket・・・-
 BiL・・・+
 BO・・・-
 尿比重・・・1.050
 尿蛋白・・・21
 尿クレアチニン・・・420.28

・猫コロナウィルス検査(猫伝染性腹膜炎ウィルスFIP)
 抗体・・・1600
 総合的な獣医師の判断で「陽性」との結果

・3種混合ワクチン
 すみません。。受けた時の記録をなくしてしまいました。。。一般的な3種混合ワクチンだと、説明を受けた記憶があります。

肝疾患の疑いあり

血液検査の結果、肝臓系(GOT、GPT、ALP)の数値が高く、その中でもGPTがあり得ないほどの異常値でした。

この結果をみた獣医師が、いつ死んでもおかしくないと言ってました(._.)また、歯茎が黄色く、採取した血液もやや黄色いため、黄疸反応も出ていました。

早急に治療の必要があり、「ウルソ50」が処方されました。朝1錠、夜1錠の一日2錠です。

よく考えると、健康診断の前から食欲がなくご飯を残すことが多く、また下痢になっていることが多々ありました。

その時は「猫は気まぐれで食べたり食べなかったり」な動物なんだと決めつけていました。飼い主たるもの、ペットの異常にすぐ気づいてあげられるよう注意深く見る必要があります。当時のわたしがそれを分かっていれば、もっと早く発覚したかもしれません・・・。

カマボコ先輩、気づいてあげれなくてごめんね(´;ω;`)ウゥゥ

過ぎてしまった事は仕方のないことですが、この先の未来をどうしていくか・・・そう考えたときに「カマボコ先輩と一緒に治療を頑張ろう!」と、心に誓いました。

今後の治療方針

まずは、「ウルソ50」を飲み、かなりの異常値を示しているGPTを下げることが当面の治療方針となりました。

また、治療にあたって原因を調べる必要がありますが、猫の場合保険がきかないため、「肝生検」に10万以上の費用がかかるとのこと。

獣医師からは、「肝生検」は検査なので、その結果、直せない病気の可能性もあり、10万円と高額のため、家族とよく相談してほしいと言われました。

まとめ

カマボコ先輩の病気は健康診断を受けなければわからなかった事です。可愛いペットを守るため、飼い主の皆様は是非、健康診断を受けてくださいね。

今現在も定期的に血液検査をしていますが、病気が判明してから1年以上たちやっと原因がわかってきました。近頃は、食欲も旺盛で元気を取り戻しています。

あのまま放置していたら、どうなっていたか・・・・悲しい話ですが、肝不全で肝臓が機能しなくなり、死んでいたかもしれません。あのとき、健康診断に行って本当に良かったと思っています。

次回以降は、治療した内容を時系列でご報告させて頂こうと思います。

もし、同じような状況で悩んでいる飼い主様、猫ちゃんがいましたら、ブログにコメントを頂ければと思います。

【関連記事】

今日もありがとうございました(^▽^)/皆様のお役に立てれば幸いです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
当ブログは、ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク

トップへ戻る